働くママ・働きたいママ・シングルマザーの人生設計をコーチングでサポート

モヤモヤから抜け出すセルフコーチングワークブックをダウンロード

[お客様の声]自分の中にもともと持っていた悩みの解決策を見つけることができました!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ライフデザインコーチの半 沢 まり子です。
ママ・シングルマザーとしての自分に合った働き方・子どもとのコミュニケーションなどについてコーチングセッション・講師・執筆を行なっています。
詳しいプロフィールはこちら

今回はコーチング体験のご感想をたなよしさんからいただきましたので、ご紹介します♪

さっそくご感想…の前に、コーチングって最近よく見かけるけど何?と思われた方もいらっしゃるかも。

私のコーチングは、仕事や働き方に対してモヤモヤしていたり、「こうしたい!」があるけど進め方がわからないという働くママさん・働きたいママさん・シングルマザーさん向けのコーチングです。

 

私が「こうするといいですよ!」と答えを提供してやってもらうのではなく、皆さんの中にあるけれど、今はうまく表面に出てこれていない答えを引き出して、自ら「こうしよう!」と自発的な行動を促すものです。

まり子

同じ納得して行動するにしても、人に言われてやるより自分からやろうって思うほうが、行動のペースもレベルもupしますよね(^^)

ということで、ご感想に進みます…!

【ご利用のきっかけ】どんな悩み・葛藤や達成したいことがあってお申し込みされましたか?

2児の母として在宅ワーカーとして働いていて、

  • 子供との時間
  • 仕事の時間

を分けることができない…。

頭で理想はあるけど、理想通りにしたいと思うと子供へ強制してしまうことが増えて、理想の子育てができない自分にモヤモヤしていました。

たなよしさん

わかります…!もう、まさに在宅でお仕事しているママさんの永遠の課題では?と思うテーマですよね。

まり子

ご感想をお聞かせください。

では、コーチングを体験していただいて、どのように感じられたのでしょうか…?

家族との時間、仕事の時間を分けた1日のスケジュールの理想は立てていました
(一度も理想通りになったことはない…苦笑)

たなよしさん

家庭と仕事の時間のバランスにモヤモヤしていたたなよしさんに、理想の時間のバランスをお聞きしたら、実はスラスラと理想の状態が出てきたんです。

なんと、理想のスケジュールはすでに紙にも書かれていました。

まり子

ただ、理想のスケジュールどおりに過ごすためには、子供へ強制してしまうことも。

 

例えば、

  • ○時には寝よう
  • そのためには○時にはご飯
  • ○時にはお風呂

などを子供に実行してもらう必要がありました。

たなよしさん

うんうん、ほんとそうですよね。

まり子

子供達に実行してもらうために、はじめは優しく言うものの、なかなかやらない子供にイライラして、大きな声を出して強制してしまうこともしばしば…。

「なんか、あたしの子供にしてること軍隊みたい…。」と思い罪悪感でいっぱいでした。

たなよしさん

ここで、たなよしさんの落ちた目線と、何度か出てきた”強制”という言葉、それに続く”軍隊”という言葉が気になりました。

 

そこにポイントを置いて、さらにお話を伺いました。

まり子

私自身、子育てに対する想いの根底に、

「子供には、”自分のやりたいことを見つけて没頭できる人になってほしい=自分で生きる力を身につけてほしい”という気持ちがあります。」

と話すと、

「その根底があるなら、それは”強制”ではなく、”ティーチング”に入るんですよ。」

と言っていただきました。

たなよしさん

たなよしさんの”子育てに対する思いの根底”、私も同じように考えているので同感しまくりでした。

自分で生きる力を身につけてほしいから、親が「あれしなさい」「これしなさい」ではなくて、子どもの気持ちを尊重しつつ、自ら動いて欲しいと思うんですよね。

たなよしさんは、コーチングのことはご存知なかったけど、考え方はコーチング的!

 

では、「あれしなさい」「これしなさい」は、すべて相手を無視した強制なのかというと…。

ここで新入社員の例を挙げさせてもらいました。

 

まったくの新入社員がトラブルに遭遇したときに、じっくり考えさせて適切な対応ができるかというと難しいですよね。

トラブル対応だから時間もかけられないし、新入社員は経験もありません。

自らの行動を促すコーチング的な接し方は、万能なわけじゃなくて、教えることが必要なときもあります。

 

たなよしさんのお子さんはまだ幼いこともありますし、こんな例から、それは押さえつけているんじゃなくて、教えているんじゃないですか?とお伝えしました。

”コーチング(子どもの行動を引き出す)”と”ティーチング(子どもに行動を教える)”、どちらかだけを使うのではなく、そのときに合わせてうまく使い分けてはどうでしょう?とご提案しました。

 

コーチングはクライアント様の思いを引き出すものですが、私が持っている情報や体験などが有意義だと感じたら、このようにお伝えさせてもらいます(^^)

まり子

私のしていることは、

「”軍隊のような方法”ではなく、”ティーチング”するんだ。」

と思うと、もう大声を出さずとも、子供にどう接したら理想に近づけるかがわかりました

たなよしさん

最初、家庭と仕事の時間の切り分けをテーマにお話しし始めましたが、実はその中には、たなよしさんの育児に対する想いと葛藤があったんですね。

すでに理想のスケジュールは作られているたなよしさん。

この葛藤が払拭されたことで、実際に作成されている理想の「スケジュールを実践します!」と、笑顔で力強くおっしゃっていました!

まり子

コーチング体験で得られた気づきはなんですか?

子育てにも

  • コーチング(導き)
  • ティーチング(教える)

という考えを取り入れると良いということ。

たなよしさん

育児に対する素敵な想いは大切にしつつ、”強制” → ”ティーチング”のような、自分の思いの視点の切り替えも有効です(^^)

まり子

理想に近づくには、

  • 実現できない理由は何か
  • それをどうしたら実現できるか

を掘り下げて考えることが大事ということです。

たなよしさん

特に大切なのは、「何があればできるか」です。

人ってついつい、「やろうと思ってたのに、なんでできなかったんだろう。私ってダメだな…。」と落ち込んじゃったりしますよね。

前に進むためには、できなかった事実よりも、できていることに目を向けて、さらに、何があれば(どうしたら)できるかに目を向けましょう!

なにがあればできるかを考える際に、できなかった原因を考えるのは自然なことですが、そこに後悔や落ち込みは不要です(^^)/

まり子

【コーチについて】半沢まり子の印象や対応について率直なご感想をお聞かせください。

とーーっても話しやすいです!!

見た目から「この方は話を聴いてくれる」良い人オーラが伝わってきました。

たなよしさん

う、うれしい…!ありがとうございます!

まり子

ただ聴くだけでなく、対応も的確で順序立てて話してくださるし、脱線しそうになると、きちんと本来の悩みという名のレールに戻してくださいます。

たなよしさん

コーチングは、「話をしてスッキリした!」だけじゃなく、行動できる状態になって前に進めることが大切です。

その過程で、たくさんのことを吐き出してもらうこともあります。

コーチである私が、ただの雑談で終わらないように聴いていますので、「こんなこと話していいのかな?」とか気にせず、なんでもどんどんお話ししてください!

まり子

おかげで自分の中に、もともと持っていた悩みの解決策を見つけることができました!!

たなよしさん

今回のコーチングを通して、たなよしさんの中の本当の課題に気づき、その考えの視点を変えることで、今回のテーマの「家庭と仕事の時間のバランス」を考えて作成したスケジュールの実践へと繋がりました。

 

たなよしさんとお話ししていて感じたのは、ご自身のことを客観的に俯瞰して見られているということ。

その俯瞰力で、どんどん理想のスケジュールを実践&見直しされていくたなよしさんの姿が目に浮かびます…!

 

よしのさん、コーチング体験をご利用いただきましてありがとうございました!

まり子

▼たなよしさんもご自身のブログでご感想とその後をまとめてくれました!▼

問題解決!子育てと仕事のバランス取れずストレスだらけだった私がとった行動

この記事を書いている人 - WRITER -
ライフデザインコーチの半 沢 まり子です。
ママ・シングルマザーとしての自分に合った働き方・子どもとのコミュニケーションなどについてコーチングセッション・講師・執筆を行なっています。
詳しいプロフィールはこちら